システムエンジニアの転職について

近年、IT業界での人材不足が深刻になっています。日進月歩するIT技術にシステムエンジニアのスキルが追いついていないのが現状であるためです。また、心身ともにハードなシステムエンジニアの仕事に嫌気がさしてやめてしまう人も多いということも理由の1つです。
一般にシステムエンジニアというと、幅広くいろいろなところへ出かけていき、IT機器等の設置やメンテナンス等を行う場合もありますが、企業内システムエンジニアのように、特定企業内のみのメンテナンス等を行う場合があります。
特に前者は心身の負担がかなり大きいため、後者の企業内システムエンジニアとして次のステップを考える人もよくいます。
さて、こうした転職をするにあたり、どのような手順を踏んでいけばスムーズに転職ができるのでしょうか。通常は、転職サイトに登録をして、企業情報を閲覧できるようにし、転職に関するたくさんの情報を得るようにします。こうした情報をもとに、自分で自由に転職活動をして、転職先を見つけたいという人には向いています。
しかし、自分で転職先を見つけるのが難しいという人は、転職エージェントに登録して、エージェントのサポートを受けながらより詳しい転職情報を得て、転職を成功させる方法がおすすめです。
ここで1つ注意点があります。転職で求められるのは即戦力としての実力です。自分がどのような資格を持っているかということではないことを肝に銘じておいて下さい。従って、履歴書を書いたり、面接で自分をアピールすべきポイントを間違えないようにすることが大切です。
このような点をふまえて転職活動を成功させていただきたいものです。

未経験からエンジニアに転職

中途でエンジニアに転職する場合に壁になってくるのが、経験の有無ではないでしょうか。中途採用の際に会社が求めるのは、即戦力です。中には未経験可能は職場もありますが、研修がしっかりしているところはあまり無いと思います。また研修中は給料が低く、生活していけないなどの問題も生まれてきます。
自分ももともと製造業に就いていました。しかし大学では、システムエンジニアを目指していたのです。20代後半にシステムエンジニアにチャレンジする事を決意しました。しかし、未経験の壁に阻まれ落ち込んでいました。そこで、他に道は無いかと調べていくとエンジニア系の派遣を見付けました。ここなら経験を積みながら生活にもそんなに支障をきたさないと決意しました。多少の貯蓄もあったので、その場ですぐ飛び込む事ができました。自分の中で30歳までに、しっかり自分の道を決めていくという目標もあったので。
いざ仕事が始まると、手直しの雑用から現場作業の補助など様々な事をやらせてもらいました。暗黙のルールや機密情報系の取り扱いなどの入ってみないとわからない事も教えていただきました。給料は5万円程下がりましたが、そこは勉強料として割り切りました。
またあいた時間は、会社に置いてある専門書に目を通す事ができました。おそらく自分で購入したら数万円分の専門書があって、それで勉強しながら資格取得を目指しました。
最終的にそこで2年の経験を積んで、その関連会社にエンジニアとして入社できました。そして、勉強しておいたおかげで資格試験も無事突破。資格手当てなどで、以前の製造業よりも給料がアップしました。あの時、決断して本当に良かったです。

プログラマー求人

未経験者が転職を成功させるコツ(プログラマー編)

ITという言葉が流行し、
一時は衰退の道を辿ろうとしましたが、
スマートフォンの登場により、様々なアプリケーションが登場しています。
無料通話アプリ『LINE』を筆頭に
『パズル アンド ドラゴンズ』・『モンスターストライク』などのゲームアプリの成功を受けて、
改めてプログラマーやシステムエンジニアを目指す方も多いと聞きます。

しかし、実際にプログラマーやシステムエンジニアに転職するためには、大きな壁が立ち塞がります。
プログラミングの本を購入しての独学であったり、
求職者支援制度などを利用した、プログラミングの養成講座に通うなど、
プログラミングの技術を習得しようとしたりする方の門戸は、
様々な所で多く開かれてはいます。
ですが、ここからプログラマーとして就職するのが難しいのです。

その大きな原因の一つは、『実務経験』です。
私も痛いほど経験したのですが、
プログラミングの勉強をして、
IT関連の資格(プログラミング関連の資格や基本情報技術者と言った国家資格)を取得して、
書類選考や面接に臨んだのですが、
悉く、採用の吉報は舞い込んでは来ませんでした。
面接の時に、人事の方によく言われた言葉が頭に残っています。
「『勉強していました』は、結局それだけの事で、
それは、実務経験とは結びつきませんから」
OJTがありますと書いてはあるものの、
即戦力を求めている会社にとっては、誰かに教えるという余裕はありません。
就職初日に、
「じゃぁ、仕様書渡すから、これで組んで」と言われて、
戸惑っていては、採用した意味がないのです。

では、未経験者が転職を成功させるには?
プログラマーに関してはこの一点につきます。
「成果物を自分で組んで、それが問題なく動くかどうかをその場で見せる」事です。
実際に、実機を持ち込んでアプリを起動させ、
「私は、ここまで創りました」とアピールできれば、
採用までの道は決して遠くはありません。
そこまでに辿り着くには、
何を作るかと言ったアイディアや、
動かすために何が必要かを自分で調べる努力、
出来る限り短い期間で創ろうとする意欲、
完成まで決して諦めない根気が必要にはなりますが、
1つでも完成まで漕ぎ着けられれば、
採用への道は直結すると考えられるのです。

プログラマー未経験者がやる研修

エンジニアの転職方法(転職エージェントサービスについて)

エンジニアにとっては転職は珍しいことではありません。
どのように転職活動をするか、いくつか方法があります。

1つ目は、行きたい企業のホームページなどから直接
コンタクトをとる方法です。外資系の会社などは求人サイトには求人を出していない場合も
多いので、行きたい会社が決まっているのであればこの方法が一番早く、おすすめです。

2つ目は求人サイトの利用です。新卒での就職活動と同様のサービスが
転職希望者向けにもありますので、会員登録をして利用します。
職種や勤務地、条件などから検索でき、応募ができます。応募後の連絡については
自分自身が主体となって行います。

3つ目は転職エージェントサービスの利用です。これは転職希望者向けのサービスで
登録するとエージェント(代理人)がつき、求職者はエージェントとまず面談を行います。
そして希望にあった求人情報を紹介してもらうことができ、応募や面接日程の調整、採用可否の連絡、
採用条件の交渉などは全てエージェント経由で実施します。
自分自身で企業と接触するのは決まった日時に面接に行く時、内定が出て入社条件を受け入れ
入社意思を確定した後とになります。

求職者としては、転職エージェントサービスは無料の上、煩わしいところをエージェントがやってくれるなど
非常に楽なので、特に仕事をしながらとりあえず転職活動を始めてみようという人にはよいと思います。
また業務経歴書の書き方や模擬面接などもやってもらえるので初めての転職活動の場合には
一度利用する価値があります。

ただし企業側としては、採用コストという面からみると、転職エージェントサービスの利用はかなり
お金がかかります。一人採用が決まるとその人の初年度年収に応じて転職エージェントに紹介料を
支払う必要があるためです。
企業側としては1つ目の直接コンタクトをとってもらえば、例えば自社のホームページからの応募
であれば、ほとんどコストがかかりません。この差はかなり大きいといえます。

転職エージェントサービスでは担当エージェントによりけりの部分もあり、相性があわなければ
自分で求人サイトを利用して企業を探した方が早い場合もあります。
転職エージェントサービスを利用しながら転職する理由や、自分のやりたいことなどを具体化させつつ、
本当に入社してみたい会社を自分で探す努力をし、エージェントに紹介される前に自らその企業に
アプローチをしていくという方法がとれればよいのではないでしょうか。

多岐に渡る知識が要求されます

WEBエンジニアだった者です。
制御系の開発や、ゲーム開発など、他の分野のプログラミング経験もありますので、他の仕事とWEB開発の仕事を比較してみたいと思います。
それにより、WEBエンジニアに対する企業側の要望などもご理解頂けるかと。

ざっくりと「損か得か?」で言ったら、個人的には「損」と思います。
何よりも、WEBエンジニアは、「できなければならない事」の範囲が広いです。
具体的に例を挙げて比較してみましょう。

1.バッチ処理開発の担当となった場合

基本的に必要なのは、DBにアクセスする為の知識(SQLなど)と、開発言語(PL/SQL や C言語など)のみです。

2.WEB処理開発担当となった場合

直接DBにアクセスする必要があるなら、1.の知識が必要となります。
サーブレットを使うならば Java の知識が、PHP など他の言語を使うならば、その言語の知識が必要になります。
ブラウザ側でもチェック処理や、表示処理を行うならば、JavaScript や、jQuery がわからないとダメでしょう。
出力は、最終的には HTML となりますので、基礎的な知識として必須です。
デザインを動的に変更する場合、スタイルシートも理解しておく必要があります。

さらに、フレームワークを使うのであれば、その知識も無いと厳しいです。

如何でしょうか?
現在のWEBシステムが、様々な技術から構成されている以上、エンジニアへの要求は多岐に渡ってしまうワケです。
無論、各工程の専門家を集めるならば、一人でいろいろな事が判る必要はありません。
しかし、そんな「無駄」な人間の使い方をする開発現場は無いと思います。
人が増えれば、開発工数に影響します。
「いろいろ判る人」を集めようとするのが人情と言うものでしょう。

と言う事で、

WEB開発者=一人でいろいろできる人

という期待が持たれているワケです。
この期待にこたえるだけの知識や能力があれば、問題はありません。
寧ろ「やりがいがある仕事」と言えるでしょう。
しかし・・・そうでない場合は、「大変なだけの仕事」「お客さんが無茶ばかり言う仕事」と感じられてしまうでしょう。

自分がどちらのタイプか、事前に考えてから求人に応募するのが良いと思います。

WEBエンジニアの求人に応募する際の留意点

WEB系の開発は、全体で見るとかなり広範囲の技術が使われます。
例えば、DBがOracleであれば、DBへアクセスする処理ではPL/SQLの様な独自言語を使う可能性があります。
そして、WEB処理の本体がサーブレットであれはJavaで開発し、クライアントPC側で、入力チェックや表示切り替えを行うならば、JavaScriptやCSSの知識が必要になります。

無論、これらの開発業務を「言語ごと」に分けるならば、1つの言語を知っていれば足りる事になりますが、現実的な分け方では無いでしょう。
自分が経験したプロジェトで、こういう細かい分け方をしている所はありませんでした。

結局、一人の開発者が、複数の言語を使いこなして、一連の処理を構築する事になります。
と言っても、開発現場によって、要求は違います。
1箇所でWEB開発を経験したから、「次の現場でも問題ない」とは言い切れません。
例えば、一般的なJavaScriptとjQueryでは、文法からして違います。
経験があれば、早く慣れる事は可能ですが、「入ったその日から作業する」のは難しいでしょう。

また、フレームワークや、開発に使うツールによって、作業効率はかなり影響を受けます。
この「効率を上げる為」の仕組みを使いこなせないと、「自分だけ生産性が低い」という事になります。
例えば、「Javaの経験はあるけど、Eclipse は使った事が無い」とか、「サーブレットは知っているけど、フレームワークは知らない」という人は要注意です。

特に「同じ Java なんだから、なんとかなるだろう」と言う考え方は危険です。
「フレームワークがやる事」を把握していないと、プログラム中で「余計なこと」をしてしまってバグの原因となる為です。

私が驚いた事の1つに、「クラスのインスタンスはフレームワークが動的に生成する」から、プログラム中では、「インスタンスを new せずに、いきなり使え」と言うものがあります。
一般的なオブジェクト思考の考え方では、これはあり得ない話なのですが・・・。

開発環境や言語、フレームワークについて突っ込んだ確認を行い、本当に自分が可能な作業なのか、確認するのが良いと思います。

多岐に渡る知識が要求されます

WEBエンジニアの転職で成功のポイント

インターネットが普及して、WEBを利用したビジネスは年々加速しています。
SNSのようなソーシャルサイトから、ECサイトや企業のホームページなど、WEBを通じて様々なサービスが提供されています。
以前はHTMLやCSS程度の静的なコンテンツを利用したサービスも多かったですが、サービスの向上のためにシステムを導入する企業も増えています。
WEBエンジニアはそういったサービスを提供するプログラム作成ができるので、WEBの会社では貴重な存在として求められています。
しかしWEBエンジニアの転職は単純なものではなく、転職した企業でプログラムができないといったこともあります。
事務作業や顧客との交渉がメインになることもあり、実際に求めていた技術力のある会社に努められないケースも中にはあります。
WEBエンジニアが転職する上でのポイントとして、その企業のサービス内容をしっかりと把握することが重要です。
WEB制作会社でも、代理店のように案件を取ったら外注しかしていない会社もあります。
会社内で開発をしているのかを確認することは、エンジニアにとって必須の確認事項となります。
またどういったサービスを中心に扱っているかも、転職先では重要な要素になります。
大規模なECサイトを中心に扱っていたり、企業のサービスを提供するCMSを作るなど、WEB制作会社によって得意なジャンルは異なります。
今後の将来的な方向性が決まっているのであれば、そういったサービス内容を確認することも非常に重要です。
WEBエンジニアの転職で成功するためには、転職先のサービス内容をしっかりと把握することが必要です。

未経験者が転職を成功させるコツ(プログラマー編)